エクセルチェアー

EXCEL CHAIR

地震・火災などの災害時に
階段を使用して確実に避難できる非常用階段避難車

Evacusafe社が開発した、「エクセルチェアー」は、突然の怪我・病気や身体に障がいを持つなど、自力歩行が困難な方々が地震・火災などの災害時に、エレベーターが使用できなくなった場合でも、階段を使用して確実に避難できる“非常用階段避難車”です。

エクセルチェアーは、老人介護施設・病院をはじめ、ホテル・マンションなどの集合住宅、公共施設、一般企業など多くの人が集まる場所での防災対策品として、設置の動きが広がっています。

製品の特徴

抜群の操作性

階段以外の場所では、絶えず4輪走行。
狭い路地・踊り場でもスムーズな走行が可能です。

非常時の避難経路は、階段だけではありません。階段避難車はその製品特徴から階段以外での操作を確認されないケースが多く見受けられます。エクセルチェアーは、平坦なフロアでは、絶えず4輪走行、「車いす」と同じ感覚で操作が可能です。

利用者(特に、身体障がい者)への優しい配慮

ヘッドレスト・アームレスト・フットレストが標準装備。
利用者の安定・安心した「お座り」を促し、心地よくご使用いただけます。

アームレストとハーネスベルト(Yベルト)の併用は、自力での体幹支持が不可能な利用者(意識のない方など)が、椅子からの転落を防止します。また、フラットなシート形状は、利用者の下肢・大腿部に負担がかかりにくいので、股関節の可動域制限のある障がい者や高齢者の使用に最適です。

操作者への優しい配慮

フラット・シートや駐車ブレーキが標準装備。
利用者のトランスファー(椅子への乗せおろし)を容易にします。

利用者の殆どが、自力で椅子に乗りおりすることが難しい傷病者です。操作者がまず、第一に行うことは、利用者のトランスファーです。素早く、椅子への乗せおろしができることは、避難時の大切な要件の一つです。

安心&安全への配慮

サポーター用グリップが標準装備。
ふたり操作で非常時に確実に使用できます。

エクセルチェアーは、一人での操作が可能です。しかし、災害などの混乱時に、普段使い慣れていない避難車を操作することは、大変不安なものです。利用者および、操作者が安心して使用できる様に、“ふたり操作”を推奨しています。

長期保証

消耗品Vベルトが、5年間のメーカー保証。
導入後の維持管理費を最小限に節約します。

磨耗や経年劣化のため、メーカー保証の5年を目安にVベルトの交換を推奨しております(有償)。

製品詳細

各部の名称

仕様

使用時 高さ=1,430mm 奥行=990mm 幅=650mm
折り畳み時 高さ=1,130mm 奥行=290mm 幅=650mm
重量 13.8kg
最大対応重量 182kg
最大使用角度 40度

取扱方法

  • 1. ダストカバーを取り外し、Excel Chairを取り出してください。

  • 2. 赤いフットペダルをしっかり踏み、ブレーキをかけてください。

  • 3. 折り畳まれたExcel Chairを広げます。写真の様に、左右の手で黒いハンドルとグリップを握り、しっかり広げてください。最後に赤いロックが掛かっていることを確認してください。

  • 4. フットレストを広げ、セットしてください。

  • 5. 乗車者が、Excel chairに移乗後、ハーネスベルトを装着、アームレストをセットしてください。足がフットレストに収まらない場合は、レッグベルトで固定してください。

  • 6. フットペダルで、ブレーキを解除してください。

  • 7. 非常用階段までの移動は、写真のようにハンドルの高さを一番低い位置にして、押手をしっかり握り、操作してください。

  • 8. 非常用階段の前で一度とまり、左右の赤いスプリング・クリップを引き上げると、ハンドルの位置を変更することができます。スプリング・クリップを元の位置に戻し、一番高い位置でハンドルをロックしてください。

  • 9.写真のように、ハンドルを一番高い位置で、両手でしっかり握ってください。

  • 10. 片足を緑色のトラック・バーにかけ、Excel Chairを傾けてください。(前輪を浮かせてください。)

    注意:このとき、椅子を傾けすぎないでください。

  • 11. Excel chair下部Vベルトが階段の2段目にかかるまでしっかりExcel chairを押し出してください。

    警告:階段での操作中は、ハンドルから絶対に手を離さないでください。エクセルチェアーが落下し、大変危険です。

  • 12. 前輪を浮かせるイメージでハンドルを↓の方向に体重をかけるように、押し込みながら階段を降りてください。

    警告:階段での操作中は、ハンドルから絶対に手を離さないでください。エクセルチェアーが落下し、大変危険です。

  • 13. Excel chairは、ひとりでの操作が可能ですが、安心・安全のため、“ふたり操作”を推奨しています。前方サポーター用グリップで補助操作してください。

【ご使用後】

  • 14. ブレーキをかけてください。

  • 15. 赤いスプリング・クリップを操作し、ハンドルを収納してください。

  • 16. シルバーのロック解除バーを引くと赤いロック機構が解除されます。ロック解除バーを引きながら、背面部を前に倒すと、Excel Chairを折り畳むことができます。

  • 17. ハーネスベルトをハンドルとフットレストに通して、ロックすることにより、折り畳み時に、コンパクトに保つことが可能です。

商品のお問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、下記より承っております。

船山株式会社 東京本店
〒104-0052
中央区月島2-20-15(地図
TEL:03-3532-3601 FAX:03-3532-1119

メールでのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせフォーム